FC2ブログ

うちゅーのふしぎ

こんにちは、ウンチク大好きのJUNです☆

実は僕は宇宙とかも大好きで、死ぬまでに一度は行ってみたいと超本気で思っています。

前回の答え合わせ・・・

何故「☆」=「星」なのか、これは宇宙規模の話になります。そしてこれはちょっとビックリです。



宇宙すげーってなると同時に、この世界はやっぱり誰かが作ったんだろうなーなんて思っちゃいます。

答えはこれです↓

the planet Venus traced a perfect pentacle across the ecliptic sky every eight years.
「金星が八年周期で黄道上に五芒星を描く」(ダ・ヴィンチ・コード)

?????となっていると思うので簡単に解説すると

まず地球がある太陽系。

太陽系とは、太陽と太陽の周りを公転する天体と、太陽が環境を決定する領域。

800px-Solar_sys8.jpg


img_01.jpg



太陽に近い順に、水星 金星 地球 (月 ) 火星 木星 土星 天王星 海王星 となっております。

この8個の惑星が太陽の周りをクルクルとまわっているわけです。

地球は1週365日かけてまわります、これが1年ですね。

ちなみに一番近い水星は 87日23.3時間

一番遠い海王星は 164年288日13時間

地球に一番近い惑星の金星は約7ヵ月半です。

今回の主役はこの金星様。

15745.jpg




地球から見ると、金星は明け方と夕方にだけ観測できて、太陽、月の次に明るく見える星です。

明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」、たまに食べるのが「明星一平ちゃん」


地球と、この金星と太陽が8年間で5日だけ、ぴしっとまっすぐ並ぶ日があります。

ちなみにこの一列に並ぶことを会合周期と言います。

この会合周期は584日に1回のペースでやっくるので、1年7ヶ月に1回くらい。

この584という数字、全然関係なさそうですが

地球は1週365日×8年=2920
会合周期584日×5回=2920

とピッタリなわけです。

この5回のポイントを線で結ぶと、なんと☆の形に!!!

こんな感じで↓

e060519c.jpg

で、昔は太陽系の構造はわかってなくて、天動説(地球の周りを他の星がまわってると思ってた)だったのに

不思議なことに昔の人もそれを知っていたから、☆の形は素晴らしいものとして扱われたそうです。

それが今でもいろんな方面に残っていて、五芒星、五角形というのは、元は金星と結びついた図形として捉えられていたそうです。

8年観察してみると、ちゃんと☆になる。すごい。金星さん、すごい。

今でも「おぉぉ!」と思うんだから、昔の人はさぞ「おぉぉぉぉ!!!」だったことでしょう。

今回はちょっとマニアックでしたが、これで終です。。。。

EARTH-~1 (640x400)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
カレンダー
プロフィール

NEUsasazuka

Author:NEUsasazuka
初めまして\(^o^)/

東京都渋谷区の笹塚にある美容室NEUのブログです☆


小ネタや、スタッフの休日、キャンペーンなどのお得情報を書いています(^^)

是非、遊びに来てください☆★☆

最新記事
画面下を人々がお散歩するブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR