FC2ブログ

吉田のうどん!!



こんにちは☆JUNです。

今回は僕の地元ネタ!地元ネタ多いな~とか思われそうですが、仕方ないです。

では、本題 吉田のうどんとは何だ?

吉田のうどんは山梨県富士吉田市周辺でつくられるうどんのことです。

が、ただのうどんじゃない!マジで世界でここでしか食べられません。

udon22 (512x412)

特徴をウィキペディアで調べてきました(笑)

(1)固い麺

麺は太くて非常に固いことが特徴です。喉越しではなく、噛みごたえを重視した麺です。

ほんとゴムみたいな感じで、県外の人が食べて、茹でてないんじゃないか!と怒られた話を聞いたことがあります。



(2)味噌と醤油の汁

多くの店は味噌と醤油による汁を使用しています。うどんの汁としては味噌の味を主体として扱う地域は日本でも珍しいらしいです。

山梨県の名物であるほうとうも、味噌とカボチャの味を基本とする汁でつくられます。山梨県民は味噌仕立てのうどん汁が好きなんですかね。

名古屋にも味噌煮込みうどんあるけど・・・


(3)すりだね

すりだねは、めちゃ辛い薬味です。一味、ゴマ、すりゴマ、油によって作られるものが多いようです。

全国いろいろ旅したけど、これは他で見たことがないです。

(4)馬肉とキャベツ

吉田のうどんで肉といえば、それは馬。またキャベツをうどんに入れるというのも吉田のうどんの特徴です。
なんでキャベツなのか、その理由はわかりません。(笑)

img_503725_9255709_2 (640x478)
(5)低価格

吉田のうどんは、手打ちという手のかかる製法でありながら、一杯300~350円程度の超低価格。

(6)民家での営業

吉田のうどん店の多くは民家を改装しただけのシンプルなものであります。玄関のつくりが民家そのものというのはもはや当然、食事をする部屋に仏壇があるなんてことも別段変ったことではありません。
中には看板も暖簾もないお店もあります。郷土の風を強烈に感じとれることが、吉田のうどん店の個性です。

どうみてもただの家です↓

19002164_2743_3 (640x480)


72 (640x480)

以前友達と数えたところ、隣村、隣町あわせて100件弱くらいのうどん屋がありました・・・!

富士吉田市内の信号機は20ちょっと・・・ありすぎ!!(笑)

そもそも観光客むけにできた名物ではなく、あくまで地元民むけだそうです。

地元の人は週3くらいで食べます、嘘じゃないです。

だから民家だろうが目印なんかなかろうが、大体の店は把握してるというちょっと変な地域です。(笑)


なんか調べたらランキングがあったので勝手に載せます。

1位 みさきうどん(富士吉田)
2位 白須うどん(富士吉田)
3位 手打ちうどんのぶ(富士吉田)
4位 渡辺うどん(忍野) 
5位 しんたく(富士吉田)
6位 開花(富士吉田)
7位 たかちゃんうどん(富士吉田)
8位 きよちゃんうどん(富士吉田)
9位 あんめ(富士吉田)
10位 彩花(河口湖)

おまけとして話のネタになる超個性派うどん店ランキングです。

1位 昭和の民家そのものすぎる佇まいに笑みがこぼれる、おふくろうどん(富士吉田)
2位 昭和を超えた大正テイストすら漂う個室に笑みがこぼれる、重の家(富士吉田)
3位 暴力的な固さに笑みがこぼれる、益美や(河口湖)
4位 無意味なほどの長い麺に笑みがこぼれる、たけ川(河口湖)


どこだよ!!って感じだと思うけど、山梨に遊びに行った際には是非!!

y2 (452x640)

謎のご当地キャラ
hidari (538x413)


長くなりましたが・・・終わり
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
カレンダー
プロフィール

NEUsasazuka

Author:NEUsasazuka
初めまして\(^o^)/

東京都渋谷区の笹塚にある美容室NEUのブログです☆


小ネタや、スタッフの休日、キャンペーンなどのお得情報を書いています(^^)

是非、遊びに来てください☆★☆

最新記事
画面下を人々がお散歩するブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR