FC2ブログ

伊勢神宮に初詣☆

こんにちは☆

JUNです。


この前、初詣に行ってないと言いましたが


雑誌で三重県の伊勢市にある伊勢神宮が紹介されているのを見たら

ど~~~~~~~しても行きたくなってしまい

衝動的に2連休で行ってきました!

夜行バスで三重まで往復5000円!安い!

基本的に、思いつき発進するタイプです(笑)



伊勢神宮は、三重県伊勢市にある神社で、正式名称は地名の付かない「神宮」

親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」と言う人も。

IMG_8765.jpg



IMG_8766.jpg



IMG_8768.jpg

伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神、豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があります。


一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれます。

内宮と外宮は結構離れているので、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいそうです。

ちなみ僕は2年前、そんなことも知らずに外宮だけいきました。アホです。
なので今回はリベンジです!

IMG_8792.jpg


IMG_8800.jpg


IMG_8801.jpg




今年、平成25年は神宮式年遷宮があります!

式年遷宮とは20年に一度、内宮・外宮の建物、御装束神宝の全てを一新する、いわば神様のお引っ越しです。

なぜ20年に一度なのかというと・・・



『神宮の社殿は桧の素木造りで屋根が茅葺きであるため、常に清々しい姿を保つには20年を限度として建て替える必要がある』

『宮大工、御神宝装束を調進する工匠などの伝統技術を次代に伝承するには20年が適当である』

『昔は20年を満数といって、20年経てば全てが初めに戻るという考え方があった』

『古代日本の経済を支えた稲(乾した飯)の貯蔵年限が20年であったから』

……などの説があるそうです。



記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定めて

その後、戦国時代の120年以上の中断や、何度かの延期などはあったものの

20年に一度、1300年以上ずっと繰り返されてきたという事実にビックリ仰天です・・・。

すごいですね~(・・;)

今年の10月の予定だそうです!

IMG_8803.jpg

ちなみに伊勢神宮の奥に入れるのは人間は、この世で天皇陛下だけなんですって・・・!!



それだけ神聖な場所やにー(三重の方言)と伊勢神宮にいたおっちゃんが言ってました。



ちょっと遠いですが是非行ってみてください(^^)/

おまけ

IMG_8778.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
カレンダー
プロフィール

NEUsasazuka

Author:NEUsasazuka
初めまして\(^o^)/

東京都渋谷区の笹塚にある美容室NEUのブログです☆


小ネタや、スタッフの休日、キャンペーンなどのお得情報を書いています(^^)

是非、遊びに来てください☆★☆

最新記事
画面下を人々がお散歩するブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR